ペイネの恋人たち - Les amoureux de peynet - Raymond Peynet - valence - drome - France
ペイネの恋人たち
 
english
français
nihongo korean korean
 
 

  
1950年代以降、レイモン・ペイネは‘恋人たち’というテーマで多くの作品を作ってきました。この恋人たちの作品において、ペイネの妻は大きな役割を果たしています。-ミューズとして。
 
ドローム県ヴァランス市のキオスク(野外音楽堂)の前で、ペイネが‘恋人たち’を生み出したのは1942年のことでした。その絵の二人に魅了された雑誌リック・エ・ラックの編集長マックス・ファヴァルリは、そのカップルを‘ペイネの恋人たち’と名づけました。
 
‘ペイネの恋人たち’の二人は全世界で知られるようになりました。‘ペイネの恋人たち’はマリー・フランスやエル、パリ・マッチなどの雑誌にも登場します。‘ペイネの恋人たち’はその話題や、国、地域や季節に応じて服装を変えることによって流行を押さえていました。
ペイネは、愛の象徴である天使のように、平和と自由を彷彿とさせる小さな鳥を彼の‘恋人たち’に添えました。ペイネはこのころ、彼の‘恋人たち’を書き続けることを決めたのです。
 
‘ペイネの恋人たち’の二人は瞬く間に有名になり、すぐに後世に残るような通俗的版画の仲間入りを果たしました。‘ペイネの恋人たち’の人気は突然のものであったと同時に永続的なものでもありました。ペイネは、それ以来、多くの刊行物のために常に一貫したテンポで作品を作りました。‘ペイネの恋人たち’に描かれる二人は、ペイネに世界的名声を約束しました。
 
‘ペイネの恋人たち’への敬意を表すため、そして、彼はその優しさと公正さで誰からも好かれていたのですが、自身への友情に感謝するため、ペイネはリノ・ヴァンチュラのペルス・ネイジュという組織のために特別にグリーティング・カードを作成しました。ブラッサンは、シャルル・アズナブールやマルセル・アモンの作品に倣って同じような気持ちで‘公衆ベンチ(の恋人たち)’を書き上げました。